セラミドやヒアルソン酸は保湿に良い

スキンケア化粧品を使用して、肌の保湿効果を高めたいと感じている人は多いのではないでしょうか?肌の保湿成分を高めてくれる代表格は、セラミドとヒアルロン酸の2つです。ただ、セラミドとヒアルロン酸がどのような違いや効果を持っているのか知らないという人は少なくありません。

セラミドとヒアルロン酸の違い。セラミドは、表皮の一番上の層の表皮の角質層にある成分です。細胞間の隙間なく埋めることのできる成分で、外部からの刺激を一切寄せ付けません。細胞間脂質の約50%を占める重要な成分で、セラミドには全部で7種類も成分が存在しています。

ヒアルロン酸は、真皮にある成分。網状の構造をしていて、コラーゲンやエラスチンの隙間を埋めてくれます。両方の成分に共通している点は、この成分は加齢によって減少していくのです。
肌を美肌で保つために必要不可欠な成分なので、体内で補えない成分なので、体の外側から補うしか出来ないのです。

乾燥肌にセラミドやヒアルロン酸は非常に効果があります。どちらがより効果的なの?と気になる人もいますが、どちらも保湿に必要不可欠。
化粧品から補ったり、他にもヒアルロン酸のサプリを使用して、そこから補うことができるのです。